リピートしてもらうまでの道のり

Uncategorized

回、説明した通り、相手の気持ちにフォーカス
して話をしたほうが上手くいくことがわかりました。
ですが、世の中そんなにうまくいきません。
相手の気持ちを確認しながら話をしているつもりでも、
リピートしてくれる方はあまり増えませんでした。
そこで、副業の先輩に相談したところ
「自分の施術を受けてのメリットってなに?」
「自分の長所を提供して、相手にどんな気持ちになってほしい?」

答えられませんでした、、、
そんな状態で始めたら相手も買いたいと思いませんよね!
テレビ買いにきて、「どんな商品があるか」「他の商品との違いはなにか」など
説明できない人からは買いたいと思いません!!

分の長所を書きあげてみた
「この長所を持っていることで相手にできること」「相手の気持ちがどうなるか」を探しました。

例えば
「理学療法士の国家資格を持っている」→「身体に施術ができる」→「ダンスができて嬉しい」
など50個あげました。

の結果

自分の長所や商品で相手に提供できるものは「安心」でした。
つまり、不安を抱えている方、やりたいことができない方に対して「安心を提供」することが私のできることだと分かったのです。

長所は分かったが、、、

ここらへんで月に2~3万円くらい稼げる状態。時給にすると900円前後

コンビニのバイトくらいの稼ぎです……笑

どうやったら、たくさんの人に安心を提供できるか。たくさん考えました。
その時に読んでいた本の内容が私に足りないと直感しました。

ラビアンの法則をご存じですか??
メラビアンの法則とは、コミュニケーションをとるときに

言語情報が7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%で影響しているという心理学の法則です。

なにが言いたいかと言うと
見た目や話し方がダメだと、私が安心を提供するために発言していた内容は7%しか伝わっていない

そりゃ、クライアントの方もリピートしませんよ。
だって93%伝わってないんですもの……笑

こで私は

「髪を切る」「服装を清潔にする」「クライアントの方との距離を考える」

ここを徹底してやってみました。

とくに距離感は難しく、反応を見ながらコミュニケーションをとりました。
徹底して1か月くらい経ったころ、明らかにリピートが増えてきました。

前の記事で書いた通り、勉強して知識や技術の底上げは悪くないが、
普段のリハビリでは考えないところでリピートが変わるんだな。と確信しました。

どんなにいい事を伝えようとしても、言語情報は7%。
それなら、見た目や話し方を完璧にしたら93%伝わります
このことを知らないで続けていたら、どうなっていたのか……

次回は話の仕方、話をするときの注意したことをお伝えします!!
関わってくれる皆さんが安心して真似できるような情報をお伝えしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました